定期健診で健康な体を|歩くことが困難になる痛風を予防する方法|健康な体を保つ為に

歩くことが困難になる痛風を予防する方法|健康な体を保つ為に

定期健診で健康な体を

女性

病気を避ける方法

脳動脈瘤にならないための工夫は、普段の生活にあると言って良いでしょう。喫煙は、絶対に避けましょう。また高血圧の人は、動脈瘤を起こしやすい血管を作り出す原因になります。生活習慣を改めると共に、食事の内容も変えることで、血圧を出来るだけ正常に保つようにしましょう。また、飲酒も良いとは言えません。極力避けることが、ベストと考えられます。この脳動脈瘤は、破裂しない場合と破裂してしまった場合とでは、その予後の生活が大きく変わってしまいます。脳動脈瘤が破裂してしまった人では、その40%が最初の24時間でさえも生存する確率が非常に低くなります。また合併症を抱えた人では、6ヶ月以内に死亡する割合も多くなっています。この病気を避ける方法は、定期的な検診がベストと言われています。

早めの病院が功を奏す

脳動脈瘤は、その血管が破裂するまではごく普通の生活をしている人が多く、その症状に気が付かないと言う人が多いのが特徴です。しかし病気を発症する前に、事前におかしいと感じる現象が起きているはずですが、つい見逃してしまう人も多くいるのでしょう。普段と比べ、視野の辺縁が見づらくなるとか、言葉が急に出なくなったり、集中力が落ち、平衡感覚がなくなるなどと言った現象がみられることになります。そのことを、単なる疲労で終わらせることなく、気になった時は一度病院へ行くことが、早めの発見に繋がることになります。また万が一この脳動脈瘤が破裂してしまった時には、異常とも言える痛みに襲われることになります。この時、吐き気や嘔吐、目の奥に異常な痛みを感じることや、最後には意識がなくなってしまうことになります。ある程度の年代になった時は、一度病院へ行き検査を受け、その後は定期的に検査を受けるべきでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加