がんに負けないために|歩くことが困難になる痛風を予防する方法|健康な体を保つ為に

歩くことが困難になる痛風を予防する方法|健康な体を保つ為に

がんに負けないために

院内

早期発見と治療に関して

日本人の死亡原因ワースト一位はがんですが、近年の医療技術の発達によって命を落とす患者は減少しています。ただ、そんな中でも厄介なのがすい臓がんではないでしょうか。沈黙の臓器と評されるすい臓は、がんが発見された場合にはある程度進行をしていることがあります。すい臓がんは五年生存率も他のがんに比べて低いですし、タチの悪いがんと言えるのではないでしょうか。すい臓で命を落とさないためには、一にも二にも定期的な検診が大切になります。人間ドックに入ることが有効とされていますが、近年はPETCTが普及しています。初期のがんも発見が可能になり、早期の治療に取り掛かることが出来ます。オプションとして付けることが出来るので、必ず受けておいて下さい。

三大治療の紹介

すい臓がんの治療は、まずは手術で病巣を取り除くことが第一です。抗がん剤や放射線治療を組み合わせることで、治療の効果を上げることが出来ます。すい臓がんの抗がん剤治療は効かないとされていた時代がありましたが、新薬の開発と共に治癒率が上がっています。抗がん剤に関しては激しい副作用が出るイメージがありますが、各種制吐剤の開発が進んでいます。赤血球や血小板の輸血を併用させることで、骨髄抑制も最小限に抑えることが出来ます。がんの治療において最も注意が必要なのは感染ですが、帽子やマスクを身に付けてうがいや手洗いを励行することで、リスクを抑えることが出来ます。何よりも大切なことは、決まった治療を決まった期間に行うことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加