増える消化器系のがん|歩くことが困難になる痛風を予防する方法|健康な体を保つ為に

歩くことが困難になる痛風を予防する方法|健康な体を保つ為に

増える消化器系のがん

病院

見落とされる直腸の異変

ひと昔前に比べると、日本人の消化器系のがんが増えています。大腸がんに注意は払っていても、意外に見落としてしまうのが直腸がんではないでしょうか。診断が遅れてしまうケースがあり、命を落としてしまうことがあります。直腸がんの前兆として現れるのが、長期にわたって続く下痢や便秘ではないでしょうか。血便が出ることもありますし、毎朝の便のチェックを怠らないようにして下さい。下腹部の痛みや違和感が出ることもありますし、内科や胃腸科で詳しい検査を受けることを推奨します。検査の内容としては、内視鏡と検便が挙げられます。内視鏡には苦痛が伴うイメージがありますが、近年の内視鏡は性能が上がっています。痛みが少ない上に、検査の時間も短くて済みます。

各種治療に関して

直腸がんと診断されれば、手術が第一の選択になります。ステージによっても異なりますが、抗がん剤と放射線治療を組み合わせて寛解を目指すのが一般的です。直腸がんに効果的な抗がん剤は多いですし、多くの方が治療を終えて社会復帰を果たしています。五年間はフォローアップの期間が必要ですが、大切なことは気持ちを前向きにすることです。特に抗がん剤治療は様々な副作用が出ることがあるので、脱毛や骨髄抑制には細心の注意が必要ではないでしょうか。治療中は白血球が下がることもありますので、外出する際にはマスクを身に付けて下さい。血小板が少なくなることで、歯磨きや排便時の出欠にも気を配る必要があります。下剤を活用して、便が軟らかくなる工夫が求められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加